趣味

『ペルソナ5 オリジナル・サウンドトラック』が鳴り止まない


 前回、『ペルソナ5 公式設定画集』の感想を書きました(→記事を読む)が、同様に『ペルソナ5 オリジナル・サウンドトラック』も発売日にゲットしたまま眠らせておりまして。ようやく堪能することができました。

 「ペルソナ」シリーズの音楽(特に「3」以降)は大好きでいつもよく聴いているのですが、今回の『ペルソナ5』の音楽もステキな曲ばかりですね。サントラCDを解禁してからというもの、エンドレス再生が止まりません。
 お気に入り曲は「Rivers in the Desert」です。途中に入ってくるストリングスがたまらない。人気投票などを見てもかなりの人気曲みたいですね。納得。

 音楽を担当された目黒将司さんのインタビュー記事で知りましたが、今作は世界観(キャラの頭身の高さなど)が今までの作品とは違ってややリアル寄りなテイストのため、意図的にボーカル曲を減らしたり曲調もより大人っぽくするように意識されたそうです。
 つい最近『ペルソナ3』や『ペルソナ4』を遊び直していたのですが、たしかに今作の音楽は前作・前々作と比べると少しポップな感じが押さえられていて格好良さが前面に出ているように感じられました。
 同じ「ペルソナ」シリーズっぽさは残しつつもこれだけ毛色の異なる曲を作ることのできる目黒さんは本当に凄いです。まさに職人技……!

 また、同じインタビューの中でも語られていましたが今作のカッコイイ音楽の元になったのは「アシッド・ジャズ」という音楽ジャンルなのだそうです。
 恥ずかしながらまともに聴いているのはゲーム音楽くらいの僕には「アシッド・ジャズ」と聞いても全くピンときませんでしたが、一緒に挙げられていた「ジャミロクワイ」というアーティスト名はなんとかわかりました(とはいえ「ジャミロクワイ」の楽曲も某カップ麺のCM曲くらいしか知らなかったですが……)。

 他にも「インコグニート」「ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイション」といった名前が挙げられていました。
 『ペルソナ5』をきっかけに「アシッド・ジャズ」な音楽がとてもカッコイイと思うようになったので、機会を見つけてこういったアーティストさんの曲も聴いていきたいなぁ。
 さっそく、最近は「ジャミロクワイ」のベストアルバムも一緒に聴いています。「Canned Heat」という曲が突き刺さりました。
 知らないジャンルの世界へ足を踏み入れている時のドキドキ感はやっぱりイイものですね。もっと色々と新しいモノを知っていきたいです。

 ゲームのサントラCDはゲームを遊んだ経験があってこそ、なんて思ったりもするのですが最近のゲーム音楽は楽曲単体でも物凄く聴き応えのあるものばかりですよね。
 『ペルソナ5 オリジナル・サウンドトラック』もゲームを知らないという人にもぜひ聴いてみてほしいです。コレをきっかけにゲームに触れてみる、というのもアリではないでしょうか。

◆ ゲーム『ペルソナ5』についての記事はコチラ
◆ 書籍『ペルソナ5 公式設定画集』についての記事はコチラ

◆ 公式視聴用PV(YouTube)
(URL:https://youtu.be/uwD1fP18J5Y

created by Rinker
¥2,916 (2019/09/16 14:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

趣味
, , ,

六味

六味

アニメゲームが大好き。最近は美術館へ足を運ぶことにもハマっています。このブログでは触れた作品や訪れた場所についての感想などを書いています。