趣味

『モンスターハンター:ワールド』はじめました


先月末に発売された人気シリーズの最新作『モンスターハンター:ワールド』をプレイし始めました。

「モンハン」シリーズを遊ぶのは今回が初めてです。新作が発売される度に盛り上げる様子を眺めていて、いつか遊んでみたいなぁと思いながらもなかなかタイミングが合いませんでした。

今回の『ワールド』は久しぶりの家庭用ハードであったり、ナンバリングが廃止されたりと、近年のシリーズ作よりも新規プレイヤーが入りやすそうな雰囲気があったので「今しかない!」とモンハンの世界に飛び込んでみることにしました。

……それと山田孝之さんがモンスターに扮するCMが凄く面白かったのも決め手の一つです。

システムを理解するのが少し大変だけど、ハマるとやめられない

created by Rinker
カプコン
¥3,320 (2019/09/17 05:51:27時点 Amazon調べ-詳細)

はじめて『モンスターハンター』を遊んでみて感じたのは情報量の多さです。手厚いチュートリアルが用意されているものの、モンスターを狩るための武器やアイテム・対象モンスターの情報などが一気に押し寄せるので、遊んですぐは「よくわからん!」とワケもわからぬまま狩りに出かけては返り討ちにされていました。

ですが、アタフタしながらも画面に表示された説明を読み、実際に操作して身体に覚えさせるのを繰り返していくうちに、脅威だったモンスターにも勝てるようになり、それが凄く面白く感じられるようになっていました。

プレイヤーの腕前が上がることでより楽しめるようになる、というのはまさしくゲームの醍醐味だなぁと思います。

大自然の中に生きるモンスターの姿を見るだけでも楽しい

未開の大陸が舞台ということで狩りを行うのも木々が生い茂る森や、そびえる岩山など大自然がメインなのですが、その中で生きているモンスターや昆虫・植物などの様子を眺めるだけでも面白いです。

モンスター同士が争っている場面に遭遇したり(巻き込まれてフッ飛ばされたり)、昆虫や植物の採集をしているところに恐竜のような巨大なモンスターが突然現れて焦ったり……など、大自然の魅力をたっぷり体験しています。

また、制限時間内に条件達成(特定のモンスター討伐など)を目指す「クエスト」以外に、時間制限なしで自由にフィールドを冒険できる「探索」モードもあるので気軽に心ゆくまでモンスター観察などを楽しめるのが良いです。

一人でも問題なく楽しめてます

「モンスターハンター」といえば、仲間(他のプレイヤー)と一緒に共闘してモンスターを倒すというのが作品の人気に火を付けた要素の一つです。

ただ、すでにシリーズを重ねて熟練のプレイヤーが多くいる中に、今さら僕のような初心者が入っていくのもなぁ……と作品の魅力である共闘システムが同時に大きな壁としても感じさせられていました。

今回の『ワールド』は僕にとって初めてのモンハンであり、今のところは操作やシステムに慣れるためにも一人で狩りにいそしんでいるものの、面白さを欠くことなく凄く楽しめています。

ゲームに慣れた頃には共闘も体験してみるつもりです。一人プレイとはまた違った魅力があると思うので今からワクワクしています。

初めてでも遊んでみて良かった

今まで「モンハン」に興味を持ちつつもなかなか遊ぶ機会がありませんでしたが、『ワールド』で「モンハン」の世界に触れたことで作品の魅力や人気の理由を肌で感じて理解することができました。

何にでも言えることかもしれませんが、特にゲームは実際に遊んでみないと作品の良さを知るのは難しいですね。正直『ワールド』を買う時もかなり迷ったのですが、結果的に遊んで大正解でした。

自分の興味関心のアンテナに引っかからないものには意識が向くことも無いと思うので、ほんの少しでも気になったのなら手を出してみるべきかもと感じさせられました。

今後もアンテナに引っかかったものには積極的に手を出していきたいです。

趣味
,

六味

六味

アニメゲームが大好き。最近は美術館へ足を運ぶことにもハマっています。このブログでは触れた作品や訪れた場所についての感想などを書いています。