きろく

2017年を振り返ってみる(アニメ編)


今年観た映画に引き続き、アニメ・特撮作品についても印象に残ったものを振り返ってみようかと思います(順不同)。

Infini-T Force

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥4,600 (2019/09/17 05:14:31時点 Amazon調べ-詳細)

タツノコプロの『科学忍者隊ガッチャマン』、『破裏拳ポリマー』、『新造人間キャシャーン』、『宇宙の騎士テッカマン』それぞれのヒーローが登場するフル3DCGのアニメーション作品。

それぞれの作品世界から現実世界へと迷い込んだタツノコヒーローたちが、現実世界にもしのびよる破滅の危機に対して「自分たちは正義の味方だ」と見過ごさずに闘う姿にはアツいものを感じました。それぞれのヒーローたちが語る「正義」に関する言葉はどれもグッときました。それに対する敵勢力側の悪役キャラクターたちも、悪としての行動理念をしっかり持って動いているのが凄く良かったです。

必殺技などが原作のノリそのままというのもとても好き。劇場版の公開も決まっているそうで凄く楽しみです。

けものフレンズ

created by Rinker
けものフレンズプロジェクトA
¥2,480 (2019/09/17 05:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

動物を擬人化したキャラクター・フレンズたちのゆる~いやりとりと回を追うごとに少しずつ明らかになっていく世界観に魅了された作品です。全体的にゆるい作風でありながらも、しっかりとした背景美術でバランスをとっているところに魅力を感じた作品です。

オーイシマサヨシおにいさん作曲の主題歌『ようこそジャパリパークへ』が僕の好みに見事に突き刺さり、しばらく再生が止まらない日々が続いたのは良い思い出です。

第2期制作決定に際して色々な意味で大きな話題を呼んでいますが、果たしてどうなるのか……楽しみです。

月がきれい

小説家志望の中学生・小太郎とクラスメイトの女の子・茜の恋模様を描いた作品。子どもではない、けれど、大人にもなりきれていない複雑な年頃である「中学生」たちのやりとりに、毎回微笑ましくなったりハラハラしたりと楽しませてもらいました。

派手な展開はなく淡々と物語が進んでいくような印象で、そこが静かで落ち着いた作品の雰囲気を作り出していて良かったです。そして、その雰囲気の中で迎える終盤の展開がまたイイです。最終話のエンディングとその後のラストシーンによる清々しさも含めて。

『アイカツ!』をきっかけに知ったチャンネル・プロダクションによるロゴ・サブタイトルのデザインも注目のポイントでした。実在の中学生に書いてもらった文字をもとにしてデザインされたのだとか。

ボールルームへようこそ

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥8,172 (2019/09/17 05:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

「社交ダンス」をテーマにしたマンガ原作のアニメ作品。骨格や筋肉をあまりデフォルメせずに描写されたキャラクターデザインに惹かれて観ていました。

パートナーとの息が合わず身体がうまく動かない時、自分の身体からもう一対の脚が生えているような描写がされたりなど、ダンス中の心理描写も言葉でなく絵で表現されているところに魅力を感じました。

久しぶりに一週間が待ち遠しくなるくらい楽しめた作品です。

ウルトラマンジード

前作『ウルトラマンオーブ』につづく、ウルトラシリーズ最新作。新たなヒーロー「ウルトラマンジード」はこれまで数々のシリーズに登場してきた悪のウルトラマン「ベリアル」の息子、という衝撃の設定で話題となりました。

今作ではもう一人のウルトラマン「ゼロ」も登場しましたが(こちらも「ベリアル」同様、多くの作品に引っ張りだこのウルトラマン)、ゼロが人間の体を借りるために選んだ地球人が「妻子持ちのお父さん」だったのが面白かったです。家族にバレないように地球の平和を守るパパ、しかし最後には……王道の展開ですが胸がアツくなりました。

ウルトラマンのデザインや必殺技の演出がどんどん豪華になりながらも、懐かしの怪獣や効果音などで大人の世代の人にも響く作品になっていて、いよいよ現代におけるウルトラマンの作風が明確になってきたように感じました。

おわりに

以上、アニメ作品についてもまとめてみました。毎クール興味のある作品がたくさんなのでチェックするのが大変ですが、やっぱりアニメを観るのは楽しいです。

きろく
, ,

六味

六味

アニメゲームが大好き。最近は美術館へ足を運ぶことにもハマっています。このブログでは触れた作品や訪れた場所についての感想などを書いています。