趣味

フィギュア沼への第一歩?『RAH エヴァンゲリオン 初号機』に手を出しちゃいました。

近ごろ『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を筆頭に『エヴァ』絡みの話題が盛り上がっている印象があります。

そんな空気にあてられたのか、今まで考えてもいなかった「キャラクターフィギュア」購入を『エヴァ』で果たしてしまいました。

高クオリティで有名な「RAH」シリーズ

今回、完全に脊髄反射での衝動買いをしてしまったのが「メディコム・トイ」の『RAH(リアル・アクション・ヒーローズ)』シリーズのエヴァ初号機フィギュアです。

『RAH』といえば、僕の中では「仮面ライダーのフィギュア」というイメージが強かったのですが、特撮のみならずアニメやゲームなど、様々なジャンル作品のキャラクターフィギュアがラインナップされていることを知って驚きました。

このシリーズはアクションフィギュアでありながら、関節が目立たないようになっていたり、コスチュームの材質が本物に近いなど、観賞用としても耐えうるクオリティが評判です。

今回の初号機フィギュアの写真を一目見たときに、まさしく一目惚れをしてしまい、頭で考える前につい手を出してしまいました。

ここまで勢いに任せてしまった買い物は本当に初めてかも……。

ほぼ理想通りの「初号機」のアクションフィギュア

写真を見たときにもクオリティの高さには驚かされましたが、実物を目の前にしたときの感動たるや。 「コレだッ!」という感じでした。

紫色・グリーン色のパーツは硬質、黒い部分はゴムっぽい柔らかさと、部位によって質感が異なる材質で構成されており、僕の中で思い描くエヴァンゲリオン像に非常に近くてテンションが上がりました。

人造人間という作中設定や、第2話にて一歩を踏み出すシーンでの足の沈み込みなどといった描写から、外装は“鋼鉄のロボット”というよりも“ウェットスーツのような柔いボディ”という印象をずっと持っていたので、「そういうフィギュアがあればなぁ」と夢想していた僕にとってピッタリのフィギュアと巡り会えて満足です。

もはや動かぬところはないのでは……というくらい様々な部位が稼働するので、どんなポーズでも自由に取れちゃいます。 が、あんまりムチャな動かし方をして壊してしまったら立ち直れないので、触るときはおっかなビックリ。 最終的に無難なポーズで立たせて飾ることにしたのでした。

でも、エヴァンゲリオンは激しくアクションしているポーズよりも、カッコよさと不気味さが同居する猫背の立ちポーズに最も魅力を感じてしまうわけであります。

写真メモ

パッケージ。 めちゃデカいです。

輸送中のよう。 小物もたくさん付属。

ため息でちゃうカッコよさ。

撮り忘れましたが、暴走時のアゴ開けも可能。

この質感。 あふれ出る造形美。

念のため「UVカット」のケースに入れて

裸のままで部屋に飾るというのも退色や破損の心配があったので、「UV(紫外線)カット」加工がされたケースを合わせて注文しました。

↑ これにしましたが、フィギュアから内壁まで5〜6センチほど余裕をもって格納できました。

本当は同社から販売中の円筒型のケースも興味があったのですが、サイズがギリギリのようだったので今回は避けておくことに。

生まれて初めてのキャラクターフィギュア

一つ手を出したら止まらなくなる「沼」。 フィギュアにも沼が存在することは知っていたので、今まではあえて避けてきていたのですが、自分でも驚くくらいすんなりと生まれて初めての「フィギュア」に足を突っ込んでしまいました。

本当はプラモデル(RG)の初号機が欲しかったんですけれども、残念ながら在庫切れで。 色々な会社からたくさん発売されている初号機フィギュアを調べていたら、最終的にここまで物欲が飛躍してしまいました。

そんなこんなで、自室にフィギュアが飾ってある生活というのが始まったわけですが……率直な感想としては「とてもイイ」です。

ふとした時に目を向けて自分の大好きなキャラクターを眺めるのがこんなにも癒されるものだとは……! なんとなく、美術館に行ってお気に入りの絵画の前に立っている時と似たような高揚感を覚えました。

これから部屋の御神体として末長く大切にしていきたいと思います。

趣味
, ,

この記事をシェアする
六味

六味

アニメゲームが大好き。最近は美術館へ足を運ぶことにもハマっています。このブログでは触れた作品や訪れた場所についての感想などを書いています。