趣味

2019年を振り返る。「ゲーム」編

もう年末ですって……。 全くそんな感じがしません、毎年のことながら。 年越しの準備すらできていませんが、とりあえず今年遊んだゲームの中から特に気に入ったものをピックアップしてみます。 (順不同)

バイオハザード RE:2(PS4)

人気サバイバルホラー『バイオハザード』シリーズの第2作目『バイオハザード2(プレイステーション)』をフルリメイクした作品です。

ホラーゲームは苦手なため普段は消極的なのですが、『バイオ2』に関しては僕のゲーム体験の中でも特に思い入れのあるタイトルだったので気になっていました。

美麗な映像によって生まれ変わった『バイオ2』は絶妙に当時の思い出を刺激してくれつつも、新たに生まれ変わった要素・演出によって新鮮な楽しみも与えてくれた大満足な一本です。

これを遊んでからしばらくの間、たまらず『バイオ』シリーズの他作品をハシゴしてしまいました。 先日発表された『バイオ3』のフルリメイク『RE:3』も気になるところ。

ハコボーイ&ハコガール(NintendoSwitch)

シリーズ第3作目『さよなら!ハコボーイ』で突然お別れしてから数年……。 NintendoSwitch向けソフトとして装いも新たにキュービィ(主人公)が帰ってきてくれました。

今回はタイトル通り「2人同時プレイ」も搭載しており、お互いに協力してハコを出し合いながらステージを攻略することができます。(1人でも操作キャラを切り替えながらプレイ可能)

これまでにないギミックもたっぷりなステージ構成と程よい難易度で楽しく遊ぶことができました。

気持ちよく楽しめるアクションパズルゲームをお求めの人は、ぜひ……!

ホロウナイト(NintendoSwitch)

今年発売のタイトルではありませんが、今年になって初めて遊んだので。

メトロイドヴァニアに分類される探索型のアクションアドベンチャーです。 道中で見つけた装備アイテムを駆使して新たな道を切り開き、より強大な敵へと挑んでいく……というのがゲームの主な流れとなっています。

どちらかというとピリ辛な難易度に感じたものの、何度も繰り返し挑戦することで突破していく楽しさを存分に味わえる作品でした。 やり直しが苦ではない遊びやすさなどが良くデザインされていますね。

インディーズゲームということでお手頃な価格帯にも関わらず、ものすごくボリュームたっぷりなのでクリア時点でかなりの満足感を得られる一本でした。

サブキャラクターによるスピンオフ作品の開発も進んでいるとのことで楽しみです。

ゼルダの伝説 夢をみる島(NintendoSwitch)

created by Rinker
任天堂
¥5,200 (2020/05/29 18:49:35時点 Amazon調べ-詳細)

これほど素晴らしいリメイクは久しぶりと感じた珠玉の一本です。

音楽・映像どれをとっても、脳内に残る原作(ゲームボーイ版)の雰囲気を見事に美化したものに昇華されていて、違和感を全く感じることなく作品世界に没入することができました。

また、久しぶりの2Dゼルダということで、やっぱりこの路線でもまだまだ楽しませていただきたいと願いたくなるくらい楽しかったです。

それはともかく、サントラ発売は……まだでしょうか?

もっともっと語りたいけれど、積みゲーだらけでして……

昨年に増して今年もずいぶんと積みゲーを増やしてしまいました……。

しっかりと買ってはいるんですが遊ぶ時間がなくて困っています。 それはゲームに限らず、積ん読(書籍)・積み録(テレビ番組)などもしかりなのですが。

クリアまで遊べていれば、おそらくこの記事の内容もガラリと変わっていたかもしれません。 『FLOWERS四季』とか『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』とか『十三機兵防衛圏』とか、ちゃんと手元にあるんですれどもね。 こりゃイカン。

来年こそは積み崩しを……

来年こそはもっとコンスタントに遊んでいきたいなぁ。 なるべく積みをつくらないことを目標にしたいです。

そういえば、衝撃の発表(僕にとってね)だった『ファミコン探偵倶楽部』シリーズのリメイク版も出る予定なんですよね。

あゝ、来年も良い作品に巡り会えますように……!

趣味
, ,

この記事をシェアする
六味

六味

アニメゲームが大好き。最近は美術館へ足を運ぶことにもハマっています。このブログでは触れた作品や訪れた場所についての感想などを書いています。