趣味

ゲストさんとの和やかな雰囲気が心地よい『星野源 音楽の話をしよう』

ミュージシャン・俳優・作家など多くの肩書きをもつ星野源さんがゲストさんと「音楽」をテーマに語り合う対談記事がまとめられた『星野源 音楽の話をしよう』を読みました。

お互いに肩の力を抜いて気楽に話している様子が紙面からも伝わってくるようで、素顔の一面に少しだけ触れられたような心地よさがある良い本でした。

多岐にわたるジャンルの著名人との語らい

星野源 音楽の話をしよう』は雑誌『アエラ』誌上で連載されていた星野源さんとゲストさんとの対談がノーカット版で収録されている本です。

面白いのは星野源さんのお相手として登場するゲストが多岐にわたるジャンルの著名人というところ。音楽以外の世界で活躍する方々がお気に入りの音楽について語っている姿は新鮮でした。

【掲載されているゲスト一覧】

  • 細野晴臣
  • 設楽統
  • 吉野寿
  • 神前暁
  • 生田斗真
  • バカリズム
  • 宮野真守
  • 有村架純
  • 古田新太
  • ディーン・フジオカ
  • 野木亜紀子
  • 小林直己

もともと星野源さんの本には興味は持っていたのですが、ゲストに作曲家・神前暁さんや声優・宮野真守さんのお名前があったのが購入の決め手になりました。

興味深いゲストさんの「お気に入りの一枚」

対談ではゲストさんのお気に入りアルバムを紹介するといったトークテーマも含まれており、それぞれ思い思いのアルバムについて語られていました。

ゲストさんによっては選びきれなかったという理由から複数枚のアルバムを紹介している人もいて、そんな様子も特に問題なく収録されているのが良い意味でユルくて和みました。

それぞれアルバムにまつわる思い出などが語られるのですが、「はじめて自分の意志で購入した一枚」であったり「音楽家として活動する上で強く影響を受けた一枚」であったり……ゲストさんによって内容の方向性が違っているのが面白かったです。

誌面から感じられる和やかな雰囲気がステキ

星野源さんのスタンスとして対談の流れをガチガチに決めないようにしたとのことで、時おり音楽以外の話題に話が飛んだりするのが、まるで友達同士の気軽な会話を切り取ったかのようで面白かったです。

記事に添えられている星野源さんとゲストさんが語らう様子を写した写真も、ふとした一瞬を切り取った自然な佇まいで両者の間に流れる和やかな雰囲気が伝わってきました。

どのゲストさんも他の媒体ではあまり見られないような素顔に近い姿に触れられたようで新鮮な気持ちになります。

created by Rinker
¥827 (2019/09/17 05:25:56時点 Amazon調べ-詳細)

趣味
, ,

六味

六味

アニメゲームが大好き。最近は美術館へ足を運ぶことにもハマっています。このブログでは触れた作品や訪れた場所についての感想などを書いています。