趣味

カメラを1台持っておきたくて「SONY」のコンデジ『DSC-RX100』をゲット。

ソニー」のデジタルカメラ『サイバーショット DSC-RX100』を手に入れました。 モデルチェンジが繰り返されてきた機種ですが、お手頃な価格になっていた初代モデルをば。

スマホでも事足りるけれど……

ここしばらく写真を撮るのはスマホのカメラにまかせていたのですが、このブログを始めてから撮影の機会が少し増えてきたように感じていました。

せっかく写真をよく撮るようになったのでスマホよりもキレイに撮れるカメラを1台は持っておきたいなぁという思いから、巷で評判の『RX-100』を選んでみたわけです。

見た目はコンパクトながら性能はパワフルな印象

カメラに関しては全くの門外漢なのでスマホカメラとの性能比較になってしまいますが、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)でありながらも素人目にはかなりキレイに見えるような写真が撮れてしまうのでテンションが上りました。

今の時代、スマホのカメラもかなり良い性能になってきてデジカメと比べても遜色ない写真が撮れると聞きます。ただ、僕のスマホが少し古い機種のせいもあってか、『RX-100』で撮った写真は「やっぱり違う気がする!」と感じさせてくれるものでした。

僕の場合、「作品」としての写真撮影よりも「記録」として写真を残すことがほとんどなので、難しい設定なしですぐにキレイな写真が撮れるというのは嬉しいです。

持ち運びやすさってやっぱり大事かも

以前、ミラーレス一眼の『オリンパス PEN mini』というカメラを気に入って使っていたのですが、レンズなどでどうしてもかさばってしまい持ち歩く機会が減ってそのまま……ということがあったので、今回は普段使いの鞄に入れて気軽に持ち歩けるコンデジを選ぶことにしました。

上でも書いたように僕は撮影メインで出かけることはほとんどなく、別の目的の記録として写真を残すことが多いので「撮るかどうかはわからないけど、とりあえず鞄に入れて出かける」といったことが気軽にできるコンデジは自分に向いていると感じました。

カメラ沼・レンズ沼は楽しそうだけど……あえて回避

より良い写真を撮るためには一眼レフカメラで撮りたい画に合わせたレンズに交換して使いこなす……といったことが必要になるのだと思っています。

そのための機材に一度手を出すとハマり込んで抜け出せない状態になってしまうそうで。「カメラ沼」「レンズ沼」なんて言葉をよく聞きますね。

一つのことにのめり込む楽しさはとても良くわかるので悩ましいところですが……『RX-100』はコンデジなので一眼レフカメラと違ってレンズ交換ができません。 幸い、「沼」は回避できました。

一眼レフと比べると“カスマイズ性に劣る”ということになってしまうのかもしれませんが、逆に『RX-100』だけのポテンシャルでどこまでの写真が撮れるか楽しみです。

アクセサリー類もいくつかゲット

「液晶保護フィルム」や「グリップ」、レンズ掃除に「レンズペン」もゲットしておきました。

特に「グリップ」は付ける価値あり! 持ちやすさがかなり向上しました。ボタン類を操作するときも押しやすくなった気がします。標準で付属していても良いと思ってしまうほど。

Wi-Fi対応のSDカードも気になる

新型モデルにはWi-fi機能が付いていてSDカードを抜き差しすることなくPCなどに写真を転送することができて便利らしいのですが、残念ながら初代モデルにはその機能はありません。

ただ、同じような機能が付いたSDカードがあるというのを知りました。この「Wi-fi対応SDカード」は普通のSDカードと同じようにカメラに指すだけで、撮った写真をそのままPCやスマホに転送することが出来るようです。

そのSDカードはどうやら『RX-100』初代モデルでも使えるようなので、普通のSDカードが不便に感じるようであれば購入を検討したいです。

これからの撮影が楽しみ

ちゃんとしたカメラを持ったことで、これからの撮影にむけてワクワクしてきました。今までスマホのカメラでなんとなく撮るだけだった写真撮影に対して、楽しさが少しプラスされたような気がします。

趣味
, ,

六味

六味

アニメゲームが大好き。最近は美術館へ足を運ぶことにもハマっています。このブログでは触れた作品や訪れた場所についての感想などを書いています。